2010年秋(1)
関東屈指の有名撮影地「ヒガハス」こと東大宮-蓮田間へ行って来ました。

初っ端からお決まりの構図で撮るのも面白くありませんので,風景写真から。
前景の稲穂よりか,背景の雑木林に作者は注目しました。これが在来線で大宮から10分と少し,東京から1時間かからない場所で撮影できるというのは非常に驚くべきことです。


定番の場所へ移動します。正午を過ぎていた為,ご覧のように側面が逆光となってしまいます。それ故,他の撮影者は0。この際,写真の出来云々よりも「ヒガハスで撮った」というステータスじみたものを大事にすることにします。以下,同じような写真を続けて。

 
 
 
この日撮影した唯一の211系です。東北線の211系の運用は大方固定されているそうなので,きちんと調べればもっと沢山撮影できるのでしょうが,何かを追い求めるようなことに消極的な作者はそんなことしようとは思いません。 (ただ面倒臭いだけだがね。どうせ。)

定番の場所で撮影するのも愈々厳しいとみて,反対側に移動します。こちらは見事なまでの順光です。架線柱が多少煩く感じられますが,背後に雑木林が入る点は非常に良いことと言えます。以下3点。

 
 
この後くらいから貨物列車が増えるらしく,撮影者がぼつぼつと出て来ました。しかし,専らの興味が電車にある作者はここで帰ることにしました。今度来るのは一体いつのことになるのでしょうか。


2010年秋(2)

撮影記
 
inserted by FC2 system